ヤマハ音楽能力検定制度

 

ヤマハグレードは、音楽を指導する人や音楽を学ぶ人が、

自分の力を確かめながら、総合的な音楽力を身につけ、

そして音楽を自ら創り表現し楽しむことを目指し制定されました。
6級以下の学習者のためのグレードは、音楽を学んでいる人や趣味で

楽しんでいる人が対象で、学習の成果の確認を段階的に行い、

次の目標への意欲を高めながらレベルアップしていく内容となっています。
また指導者を目指すためのグレードは、音楽教室で教えたい人、

すでに教えている人、プレーヤーやデモンストレーターなど専門家を

目指している人が対象で、演奏グレードと指導グレードがあります。

指導者を志す人は、演奏グレードに合格されるとともに指導グレードを

あわせて取得することを目指してください。
ヤマハグレードは現在40を超える国と地域で行われ、

年間30万名の方が受験されています。
(http://www.yamaha-mf.or.jp/より抜粋しております。

ヤマハグレードについての詳細ページはこちらをクリック